Cuadro Medicoタイプの保険料と受診料

 Cuadro Medico タイプの保険料と受診料の関係
(DKV医療保険の場合)

次に紹介する保険は、全てCuadro Medicoタイプです。
Cuadro Medicoタイプとは、保険会社の提携病院で治療する保険のことです。
提携病院は各都市、エリアの私立主要病院や医院をカバーします。

救急・一般外来・入院・手術・救急車・リハビリなど、病気や怪我の場合に必要な治療や、出産・一般健康診断、婦人科検診などもカバーします。
ちょっとした風邪の内科診療や、皮膚科、アレルギー科などの全専門科で治療が可能です。

Integral Complet
上記のカバー範囲で、少しでも保険料を安くおさえるための保険です。
保険料が安い分、治療を受ける都度支払うCOPAGO(診療代)が高めに設定されています。
病院には滅多に行くことがない方にお勧めです。

Integral Plus
上記のカバー範囲で、Integral Completより保険料が高め、ただしCOPAGO(診療代)が安くなります。

Integral Classic
上記のカバー範囲で、Integral Plus よりさらに保険料が高くなります。ただしCOPAGO(診療代)が安くなります。
一番加入者が多い、平均的なタイプです。

Integral Élite
上記のカバー範囲で、一番保険料が高いタイプです。ただしCOPAGO(診療代)は発生しません。病院に行って、入院・手術をしても支払いが発生しないということです。
病院に行くことが多い方にお勧めです。

保険料とCOPAGO(受診料)の比較 - 31歳 Barcelona の例
















単位: ユーロ
  種類 保険料

COPAGO (受診料)



(月額) 救急 診療 内科 専門科 入院 手術 血液 検査 エコー検査
Integral Complet 40 60 12 20 25 0 12 25
Integral Plus 59 30 6 10 15 0 5 12
Integral Classic 79 2,95 1,5 2,5 0 2,5 2 2,5
Integral Élite 87 0 0 0 0 0 0 0