2018年7月7日土曜日

久々の日本-何年ぶりの銭湯

「ガス代、ちゃんと払ってるよね?」
長男のアパートでシャワーを浴びようとシャワーのハンドルを回してみたけれど、待てども待てども出てくるのは冷たいお水。
「あ、もしかしたら切られてるかもよ。」って軽く言われても、それは洒落にもなりません。母に水シャワーの仕打ちですか。それだけは勘弁してください。
気を取り直して、近所で見かけた駒川温泉に行って来ます。
自転車やスキーは一度身に着けば、何年も空白期間があってもすぐに感が戻ってくるもの。
銭湯に行くのは何十年ぶりだろう。私は生まれてから25歳まで、雨の日も風の日も銭湯に通っていた硬派銭湯人間です。私の人生観に若干の味付けをしてくれた銭湯通い。
銭湯に行くと決めた途端全ての感が甦り、マイシャンプー、石鹸、バスタオル、着替えを携えて足軽も軽く、いざ駒川温泉へ。


下駄箱の木の鍵は昔のままで、益々、銭湯の感が甦ります。
「今晩はー。」番台のおっちゃんに挨拶する。入浴料は、ええっ!440円?たっか!
正方形の木のロッカー、籐むしろの敷物、緑のプラスチックの水切り床、あんま機、ケロリンの洗面器、やけどしそうなアッツ熱の湯船のお湯、プッシュ式のお湯とお水の蛇口...あまりにも完璧なタイムスリップで思わず涙が出そうです。
東映のポスターとフルーツ牛乳が足りませんが、何とも楽しいひと時でした。
「おおきに。」

ポチっと応援お願いします。  


にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

2018年7月5日木曜日

久々の日本-のんびり各駅停車

日本に住んでいた頃は一分たりとも惜しくて、JRの特急電車のスピードが速くなればなるほど喜んだものですが。
今回、大阪から故郷に帰る際、JRの切符売り場ではたと考えました。
以前は何の躊躇なく「特急券お願いします」だったけど、私たちの帰りを待ってくれている母は、1時間半早く着いてもぐっすりお昼寝中かもしれません。急ぐ旅ではない。
1時間半の差と、一人当たりの料金の差2,300円を天秤にかければ....
これはもう、各駅停車しかありえません。
長男が一緒といううれしいおまけまでついているし。ゆっくり参ります。
かくして、生まれて初めて各駅停車での帰省となりました。

レトロな列車はガランガランの貸し切り状態。
座り心地も悪くない。

普通の景色もゆっくり過ぎれば、
なかなかに風流で。

3回乗り換えて。
ただいまー、私の故郷。
ポチっと応援お願いします。  
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

2018年7月2日月曜日

久々の日本 - 昭和な風景

そのうち、そのうち...と延ばしていた今回の2年半ぶりの一時帰国。
以前は5年ぶり帰国ということもあったので、それほど激変というのはなかったけれど、それでも驚いたのは、至る所で外国人が増えたということ。
心斎橋はもはや大阪どころか日本でもないと言えるぐらい外国人が多くて、歩いている日本人のほうが少ないくらい。昔ながらの老舗はドラッグストアとなり、ドラッグストアの店員さんは中国人。
昔の心斎橋の風情がどこかに行ってしまって、ちょっと寂しい気がします。

人生の半分半分を日本とバルセロナで過ごした節目の私には、色々なことを考えさせてくれる滞在となりました。
大阪の町を散歩していて、今さらながら気づいた日本人の心。
日本にいた頃は全然気に留めたこともなかった普通の風景が心に沁みます。

軒先に所狭しと並ぶ植木鉢や植込み。
スペインのような華やかさはないけれど、
細やかな風情があります。

もうちょっとしたら、打ち水なんかするのでしょうね。


将来、日本住むことはない...と言いながら、
やっぱりいいなあ、昭和な風景。

ポチっと応援お願いします。  
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ