2019年3月17日日曜日

Chucrut? Xucrut?ザワークラウトのことです

健康意識高い系のとーさんと長男が、自家製シュクルットを食べたいと言い始めました。
それは、私に作れと言うことですね?
はいはい作りますとも、私も大好きな酸っぱいキャベツなら。

シュクルット(我が家の呼び方)=Chucrut(スペイン語)=Xucrut(カタラン)=Sauerkraut(ドイツ語)=ザワークラウトのことなんです。

以前はフランスに入れば必ず買っていたぐらい大好きな酸っぱいキャベツ。
最近ではスペインのスーパーでも簡単に瓶詰めが手に入るようになり満足していたのだけれど、瓶詰めシュクルットは、低温殺菌されているので本来の生きた発酵食品ではないと知ってがっかり。酸っぱいのはお酢の味ではなくて、乳酸菌で発酵して酸っぱいキャベツになるのです。
ご存知でした?かくいう私は最近まで知らなかったのです。

思ったより簡単に出来ました!
一番右のは1週間経ったので、黄色っぽくなりました。左の2本は作ったばかり。




作り方はいたって簡単です。
使用する瓶やボール、まな板等は熱湯殺菌が良いようですが、
私は、ウォッカを含ませたペーパータオルで殺菌してます。

1.新鮮なキャベツをしっかり水洗い。

2.ザクザク切って、キャベツの重さの2%の塩をふりかけ5分ほどもむ。
大玉キャベツは1個が約1キロなので、塩は大さじすじきり2杯ほど。


3.クミンシード、黒コショウ粒、唐辛子、丁子等を2種類ほどお好みで少々入れる。
ローレルの葉は必須(と思います)。

4.空気に触れないようにラップで覆い、お皿とミルクのパック等で
重しをして一晩放置。

5.ギュウギュウ押して瓶に詰める。お汁が十分でなければ、
2%の塩水を作って、キャベツが浸るまで足す。

6.室温で2~3日発酵させる。時々蓋を開けて発酵ガスを逃がす。

7.そして冷蔵庫で保管。酸っぱくなったら食べ頃です。

冷蔵庫で何ヶ月でも保存可能らしいけど、作ってから2週目の美味しくなり始めた頃に、わーいと食べ切ってしまうので、どのぐらい保存できるのか検証できずにいます。
もっと発酵してもっと酸っぱいのを食べたいけれど、製造が追いつかず…
夏場は発酵が早いでしょうから、もっと酸っぱいのが食べられるかも。

自家製発酵食品は、匂いが大事だと思います。
発酵臭はOK。雑巾臭はNG。
乳酸菌が雑菌を食べるので、ちゃんと発酵が進んでいれば大丈夫なようです。

蓋を開けて発酵ガスをプシューッと逃がす瞬間がたまらなく好きです。
あー、生きてる生きてる。

ポチっと応援お願いします。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ



2019年3月4日月曜日

ユーロビジョン 2019 - ポーランドのTulia

ちょっと気が早いけど、3月ともなれば、私の中ではそろそろユーロビジョンが始まります。
今年は開催地がテルアビブということで、開催に一波乱あるのかしらと思っていたけど、
無事に開催される模様。
情報を拾いながら、決定済みの出場者をチラ見して、気になったのがこれ、ポーランドのTuliaという女性4人グループです。
東欧音楽が好きな私の、ベスト5に入りそうです。

息子たちが小さい時に、車にキャンプ用具を積み込んで、3週間ポーランドをウロウロしたことがあります。自然も、人も、食べ物も、全て気にいった忘れられない旅。
そんな思い入れの深いポーランドの、今年の健闘に期待したいな。

選曲はまだ終わっていないようなのでこれから出る新しいビデオクリップが楽しみです。

聞いたことあるなあと思って調べてみると、メタルグループMetallicaのNothing Else Matters
のカバーバージョンです。



冬のポーランドに行きたくなりました。

こちらも面白いかも。



まだ今年の出場者が出揃っていないので、お楽しみはこれから。
ここ2年続けて優勝曲予想が当たったので、今年も当たるかな?

ポチっと応援お願いします。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


2019年2月7日木曜日

郷愁のRenfeとグラフィティ

所用で、Renfe(スペインの国鉄)に乗ってマンレッサに行くことになりました。
私の家から目的地までは徒歩を含めて2時間弱。
マンレッサとバルセロナは通勤圏でもあるので大げさだけど、ちょっとした遠足気分。

曇り空の下、Spotifyでユーミンを聴きながら車窓からRenfeの駅を見ていると、日本の駅舎に見えてくるから不思議です。



BAR ESTACIÓN TORREBLANCA?
これは駅なのかバルなのか。
駅とバルが一体化した小さな駅です。
駅蕎麦があるなら途中下車するのだけれど。

モンセラット山が見えてくれば、マンレッサまでもう少し。


マンレッサ駅に到着。
冷たい空気が相まって、郷愁をそそるなあ。
私の故郷の駅に似ている。
「久しぶりやのう。帰ってきたんか?」って、
声をかけられそうな気がします。


用事を済ませた後、せっかくなので街の中を歩いてみます。


それにしてもRenfeは、駅も列車もグラッフィティだらけ。

個人的にはグラフィッティアートを見るのが好きなのだけど、許可がない場合は器物破損にあたる犯罪行為です。
2018年、カタルーニャ州でRenfeの列車や駅のグラフィティを消すのに、何と1.000万ユーロ以上の費用がかかった(→ニュース)と知っては、好きだとかそんな呑気なことを言っている場合ではありません。

これも立派なアートとは言え、社会不安が増えると無謀なグラフィティも増える。
解決策として、合法的にグラッフィティを描けるカルチャースペースが増えているようです。
そのひとつが、いつ完成するかわからない(未来の)Sagrera駅の近くにあるNau Bostik

「三年寝太郎」という昔ばなしが好きで、息子たちによく読み聞かせをしたものです。
それがいけなかったのか、なかなか目覚めないうちの息子たち。
次男、やっと五年(とーさんに言わせると十年)の眠りから目を覚まし、突如やりたいことに目覚めて勉強を始め、就職までたどり着きました。
その次男が勉強と趣味を兼ねて作ったビデオクリップの撮影場所が、グラフィティいっぱいのNau Bostikです。
歌っているのは彼の友人ナビル君。
まだまだ素人だけど、皆、夢に向かって頑張れ!


ポチっと応援お願いします。 

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ