2017年11月19日日曜日

晩秋のMontseny 誰もいないサンセジモン

11月といえば、Montseny。
2週目のどんよりした週末に、賑わうMontsenyの中にありながらひっそりと息をひそめるSant segimontを歩いてきました。

誰もいない。

リセットしたくなった時、
そういう時は、山歩きに限ります。

そして何年ぶりだろう。
次男が私たちについて来た。
どうしたん?

今度また誘ってね、だって。
どうしたん?
日本の紅葉とは程遠いけど、
これはこれで趣きがあるものです。

Posada Sant Segimotには早く着いたので、
ここもひっそりしています。
とーさんと次男は、仔羊と野菜
私はハンバーグ。

お弁当を持たずに山歩きするなんて、まあなんと贅沢な。
今日は次男が一緒の画期的な一日でしたから、たまにはこういうのも良しとしましょう。

往復11Km。たまに歩いても筋肉痛にならないのは、黒ニンニクのおかげかな?
ルート:https://es.wikiloc.com/wikiloc/view.do?id=20900524

ポチっと応援お願いします。  
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

2017年11月1日水曜日

郷愁の味 パナジェッツ

諸聖人の日(11月1日)はスペイン全土で共通の祝日なので、前夜祭のカスタニャーダもスペイン全土の行事だと思っていましたら、違うのですね。
カタルーニャ、バレンシア、アラゴン、バレアレス諸島の行事だそうです。

気温が下がり始める晩秋の夜長に、栄養たっぷりのお菓子を食べるこの行事。
幼い頃はこの地にいなかったのに、生まれてからずーっとこの行事を繰り返してきたような気がするのです。
それもそのはず。
焼いもと焼き栗ですもの。
ねー、チョコちゃん。

アーモンド、ジャガイモと松の実で作る
パナジェッツの素朴なお菓子は
郷愁の味ですもの。
ねー、チビちゃん。

今年も、定番の松の実とココナッツのPanalletsを焼きました。
栄養たっぷりのお菓子を食べて、これからやってくる寒さに備えます。

ポチっと応援お願いします。  
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

2017年10月29日日曜日

バルセロナ、土曜の夜のお散歩マンボ

「気をつけるんだよ。危険なことには近づかないようにね。」
土曜日の夜、友人夫婦からランブラス散歩のお誘いを受けて出かける私たちに、次男がいたずらっぽくそう忠告してくれました。
そう言えば最近、次男が街の中央に出かける時に、毎回かけている言葉です。

10月27日、カタルーニャは一方的独立を宣言。
同日、スペイン上院はカタルーニャの自治権停止を可決し、ラホイ首相はカタルーニャ議会の解散と12月21日の議会選挙を発表。

私たちは、毎日刻々と変わる情勢に振り回されているわけだけど、カタルーニャの今日までの流れは全て想定済みで、Hoja de rutaと呼ばれる所謂政治のロードマップに従って、着々と進められているという話しは本当だろうと感じることがあります。
行き当たりばったりで、ここまで来れるはずがありませんもの。
以前あるカタルーニャの会社に勤務していたときに目にしたHoja de ruta。監査法人会社の綿密な分析と戦略に驚いたものです。
それが一国のこととなれば、水面下の大きな取引が同時進行しているのでしょうし、Hoja de rutaのスケールの大きさは桁違いのはず。存在するのなら見てみたい。
ロードマップが導く先のことは...全くわかりませんけれど。

昨夜のランブラス通り。
思ったより観光客も多くて和やかな雰囲気はあるものの、
以前感じていた丸いエネルギーではなく、
尖ったエネルギーを感じてしまいます。

カタルーニャ州庁舎。

州庁舎の前では、
夜中になっても各国のメディアが待機していて、
ここも尖ったエネルギー。

一番心落ち着くSanta Maria del Mar に入ると、
丁度始まったオルガン演奏で、
尖ったエネルギーのお祓いができました。

タパスを軽く食べたいね。
BornのMoritzに入ったはずが、
いつの間にかEl 300というレストランに
変わっていました。
ものは試しで、マンゴーと山羊チーズのサラダと
牛肉のタルタルをとーさんと半分っこしてみたら、
このチョイスは大正解。
私のエネルギーはまん丸になりました。
食べ物の力は偉大だ。


80年代に活躍したらしいOrquestra plateriaの
野外コンサートに出くわしたので、
マンボのリズムでひと踊り。
熟年ファンは、ダンスがお上手。
Seis, Siete, Ocho、アーーーーマンボ‼ウッ!!
で、気分もすっきり。

11月はかなりの混乱が予想されるけど、ここは心穏やかに過ごしたいものです。

ポチっと応援お願いします。  
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


2017年10月24日火曜日

クリスマスの甘い誘惑

子供の頃、一番好きな行事はお月見でした。
アパートの屋上で、母が作ったお団子を食べながら友達と月を愛でる。
手が届きそうなお月様の中で、ウサギがお餅をついていました。

バルセロナに来て以来楽しみにしている行事と言えば、11月1日の諸聖人の日(Todos los santos)とクリスマス。

スーパーでは諸聖人の日を飛び越して、すでにクリスマスのお菓子が並び始めました。
そんなに急がないでよと言いたいけれど、大好きなPanettone(パネットーネ:レーズンやオレンジピール入りのイタリアの菓子パン)や、Polvoron(ポルボロン)。
クリスマスまで待てません。甘い誘惑。

メルカドーナで買ってしまった
パネットーネ。

カルフールで買ってしまった
アーモンド饅頭のポルボロン。

今週末は、パナジェッツ作り。
甘い甘い、高カロリーの季節の始まりです。
ポチっと応援お願いします。  
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

2017年10月22日日曜日

バルセロナ息抜き散歩


日曜日、今日は息抜き、ガス抜きのバルセロナ散歩。

ボルン地区に車を停めて

とーさんのおばあちゃんマリアが生前住んでいた
古い古いピソの前を歩いて、マリアーと手を振ってみる。

真偽のほどはわかりませんが、
「ここにクリストバル・コロンが泊まってたのよ。」
と、1908生まれのマリアが言っていた建物。
近所の人たちの間ではそういう話になっているらしい。
ということは、築500年以上ですね。

王の広場。少しツーリストが減ったかなあ。
日本人を含めてアジア系のツーリストを
あまり見かけなくなったのが残念。
テロがあっても、デモがあっても、ヨーロッパの
ツーリストはそれほど気にしないのかもしれません。

 スペインとカタルーニャの旗が風に揺れる
カタルーニャ州庁舎の行方は...
来週は何が起こるのだろう。

双方の、国としての命運がかかっているのですから、
政治家も市民も真剣勝負です。

カテドラル前の広場の青空マーケットで
ほっと一息。
いつものバルセロナ、こうでなくっちゃ。


凱旋門前で、元気炸裂、ポップなボリビアのダンスに遭遇。
そうそう、こうでなくっちゃ!

Passeig de Sant JoanにあるEsglèsia i convent de les Salesesを
車窓から見ながら、今日の散歩はおしまい。

ポチっと応援お願いします。  
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

2017年10月9日月曜日

10月10日 18:00 固唾を呑む一瞬を前に山歩き

日曜日。快晴。
何年もご無沙汰していた友人とバルセロナの街中で会うはずだったのに、反独立派のデモがあり騒動も予想されるので、残念ながらキャンセルしてしまいました。

目覚ましなしでスッキリ目が覚めたら、まだ7時。何だ、もっと寝たかったのに。
せっかくだから、私たちのウォーミングアップの山 Sant Lloreç に行くか!ということになりました。
飛び起きて、冷凍してあったキッチュをリュックに放り込んで、いざ出発。

今日は、Sant Llorençの裏側のCami del Monjos を歩いてみよう。
往復6km、標高差490m。短距離だけど登りが少々きつめで、表側より人が少ないルート。
表側は → こちら


いつもと変わらず堂々としたモンセラット山。
「大丈夫。」と語りかけているような気がします。

山歩きぐらい、政治の話は忘れようと
思ったけれど、
家族連れも友達同士も、聞こえてくる会話は、
独立に関する話題ばかり。

それにしても、とーさんとこんな風に明けても暮れても政治の話をしをするなんて、
知り合ってから26年間で初めてのことです。
食事をしながら、山歩きしながら、お互いのニュースやTweeter情報を交換したり、今後の予想をしてみたり。

10月10日 18:00、いよいよプッチダモン州首相の発表があります。
最初は9日と言っていたのが一日延びたことに何か意味があるのかしら。
カタルーニャ独立宣言をするのか、それとも何か代替案があるのか。
スペイン全国民が固唾を呑む一瞬です。

ポチっと応援お願いします。  
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

2017年10月8日日曜日

合言葉は「Preocupado(心配)」

カタルーニャ独立を問う住民投票から一週間。どっと疲れました。
独立派、反独立派に関わらず、誰と話しても「Preocupado(心配)」が合言葉。

各メディアがどの政党派かによって全く正反対の情報、意見が情報として入ってくるので、新聞もテレビ局も、あっちを見たり、あっちを聞いたり。
ネットのおかげで、自分から情報を選べるというのは本当にありがたいことですが、スマホ片手に眠れなくなってしまいます。

私を含め、民衆がメディアに踊らされている間に、本当は水面下で、何かしら大きな取引や介入がされているのでしょうから、会社がカタルーニャから本社を移すとか、そういった類のニュースに一喜一憂するのは無駄なことかもしれません。
本社を移すと言ったって、40㎡のオフィスに従業員が1名で本社を作ることができるのですから。
大きな取引や介入、何だろう。
本当のところは永遠にわからないのでしょうね。

土曜日の夕闇が迫る頃、ヘナを買い忘れていたことに気づきました。
わが地区サン・アンドレウ地区のエコロジーショップに向かってみると...
人がいっぱい!おまけに皆楽しそう。


 お店の中でお客を待っていないで、歩行者天国にしてのお商売です。
何とたくましいこと。


どうしてカタルーニャが独立を目指すのか。
日本のラジオ放送で、カタルーニャとヨーロッパについての有識者がとても丁寧に説明されていますので聴いてみてください。→ こちら

ポチっと応援お願いします。  
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

 このエントリーをはてなブックマークに追加